パチンコの当たりやすい時間帯は?出る出ない時間ってあるような気がするが・・・

パチンコ好きなら誰でも思うでしょう。朝から打つ方が当たりやすいような気がする…特に土曜日は当たりやすいような気がする…など。

 

このように「当たりやすい時間帯」ってあると思ってしまったりすることありませんか?実は当たりやすい時間帯というのは、あるかないかで言うとありません。

 

やはりこれはネットのパチンコサイトなどでも書かれている通り、パチンコは完全確率だからです。完全確率ってことは、その台の確率に基づいて大当たり抽選を行っているのです。

 

ということは当たりやすい時間もなければ、当たりやすい曜日などもない訳です。しかし、これは通常状態に限った話です。

 

パチンコで当たりやすい時間帯は朝一!?

 

パチンコで当たりやすいのはやはり朝一番のケースがあります。理由としては、朝一は潜伏確変が残っていて確変状態から打てる可能性があるからです。

 

解析サイトなどでも「朝一確変判別」などで特集されていたりしますよね?そのような機種で朝一の内部状態が確変状態でしたら、朝一は当たりやすいでしょう。

 

もし時間があるのなら前日の夜にパチンコ屋へ出向き、それらしき台はチェックしておきましょう。それが面倒ならデータロボサイトセブンを活用するのがおすすめ。

 

パチンコで朝一からよく当たっているホールなど確認することができ、実際の大当たり回転数が手元のスマホなどで見れるので、かなり重宝します。

 

詳細は→データロボサイトセブン アプリ

 

もちろんそれ以外でもパチンコで良く回っているようなお店を探したり、総合的に見て優良店を探したり色々な使い方が出来るサイトでもあるので、かなりいいです。

 

話を戻しますが、次に当たりやすい時間は夜の閉店間際です。これくらいの時間になると、潜伏臭くても閉店時間が迫っており捨てていく人がいます。

 

もちろん閉店間際なので当たったところですぐに打ち止めとなってしまいます。ですのでこれは翌日に空きがある日だけにしましょう(確変中に捨てても後悔しないなら別ですがリスクが高すぎます)

 

当たりが引けた場合、翌日にあさイチから時間が取れるなら店側が確変状態のまま確保してくれる事が多々あります。(最近はこのような店舗は少ないですが)

 

その場合はほぼ100%翌日のあさイチから来ることが前提になっているので、翌日が休みの時だけにしてください。

 

次に当たりやすいのは夕方頃で、主婦層がそろそろ夕飯の支度などで帰る時間帯です。まれにですが、「もう帰るから」と言って当たっている台を譲ってくれたりもします。

 

これらはすべて内部の状態が「確率変動状態」のことになりますので、通常状態ですと基本当たりやすい時間帯はないです。

 

でも当たりやすいと思う時間帯がある!

 

上で確変状態は当たりやすいということを書きましたが、当然と言えば当然ですよね。しかし時間帯によって「当たりやすい」と思う時間帯もあるでしょう。

 

これは考えられることとしては「パチンコ台の稼働が良い」時間帯が該当すると思われます。例えば朝はガラガラ。夕方から会社帰りの会社員などでホールはお客さんがいっぱい。

 

このような状況でしたら、客が多いので必然的に当たっている台が多くなり、その時間が当たりやすい時間のように感じたりします。簡単に説明すると、1人で打つよりも10人で打った方がパチンコ台は大当たりの回数も違いますよね?

 

また、土日もお客さんが増える曜日ですので、他の曜日と比較しても当たりやすい日になるかもしれません。このようなデータなどもデータロボサイトセブンで調べたりできるので、色々と調べてみるのもいいでしょう。

 

後はオカルトですが、当たっていない島を探したりするのも良いです。「同じ時間なのに他の島は当たっててこの島は全く当たっていない」そう思った時はその島の開いている台に座りましょう。

 

時間帯で島に一つくらいはあるであろう当たり台を探す気持ちで打ちます。

シジュウカラは巣箱も利用する

よく見かける野鳥に「シジュウカラ」がいます。シジュウカラは“四十雀”と書き、スズメとよく似た姿をしています。

ただスズメとよく似ているとはいえ、色がまったく違うのですぐに見分けがつくでしょう。スズメは茶色が目立つ野鳥ですが、シジュウカラは白や黒といった色が目立ちます。

白、黒、灰色、といった感じなので遠くから見てもスズメと違うことがわかります。さて、なぜシジュウカラがよく見かける野鳥なのかと言いますと、人間にとって身近な場所に住んでいるからです。

例えば公園や庭。シジュウカラは、このあたりによく姿を現します。それからシジュウカラが巣を作る場所もポイントですね。

民家や塀などといった人間にとても近しいところに巣を作るため、住宅が多い付近に現れることも多いです。野鳥に興味があるなら、まずシジュウカラの姿を探してみてはいかがでしょうか。

ちなみにシジュウカラは“巣箱”を利用するともされています。実際、インターネットにはシジュウカラが巣箱に入っている写真が投稿されています。

もっと間近でシジュウカラを見てみたい、シジュウカラが大好き、というのであれば、巣箱を設置してみてもよいのではないでしょうか。

巣箱の穴から出入りするシジュウカラの姿は愛らしいため、きっと癒されます。

巣箱はどうすればいい?

巣箱は“作る”というイメージが強くありますが、すでに完成している商品も販売されています。

巣箱を作る時間がなかったり、また巣箱を作るスペースがなかったりするなら、既製品を購入することをオススメします。

特にアパートやマンションですと巣箱を作るスペースを確保するのは難しいでしょう。

既製品だと思い通りの巣箱にならないためもどかしさもあるとは思いますが今はいろいろな種類の巣箱が製造・販売されています。

特に大手通販サイトには目を通しておきましょう。多数の巣箱が販売されており、目移りしてしまうほどです。

ナチュラルな質感を意識したデザインだったり、しっかりと防腐加工が施された実用的な巣箱だったり、北欧風デザインの巣箱もあってよりどりみどりです。

巣箱の値段はピンからキリまで。簡易的な巣箱であれば1,000円以下で購入することも可能です。ですが、野鳥のことを考えるなら質のよい巣箱を選んだ方がよいでしょう。

また巣箱の「工作キット」も販売されています。「作ってみたい」という気持ちがあるなら工作キットに挑戦してはいかがでしょうか。

巣箱の工作キットは夏休みの宿題としても人気です。

蚊にさされた跡とキスマークの違いって?

漫画などでよく見かける「蚊にさされ」と「キスマーク」の勘違い。

この描写は頻繁にされているので「似ているものだ」と思い込んでしまいがちですが、少し考えてみると「本当に似ているのか?」という疑問が浮かびあがってきます。

蚊、というよりも虫に刺された場合、赤く腫れることがほとんどです。それに対しキスマークはいわゆる痣です。

色が変わることはあっても腫れることはほとんどないでしょう。ただし打撲など、どこかに強く打ちつけた場合は腫れあがりますね。

しかしながらキスマークに腫れあがるほどの力はありません。

そう考えると「蚊にさされ」と「キスマーク」はまったく違うものに感じますが、場合によっては似てしまうこともあるのです。

まず虫の種類。刺したり噛んだりする虫は、蚊だけではありません。蚊以外にも人間の皮膚に害を及ぼす虫はたくさんいます。

そして、虫によって患部の赤みや腫れ具合は変わってきます。

そしてキスマークの強さです。大きさ、吸う際の力、日数、これらによって範囲と色がだいぶ違います。色はだいたい紫か赤ですね。

中には虫刺されとわかっていながら「キスマーク?」とからかう人もいますので首など見えやすい位置の虫刺されは非常に厄介なもの。

絆創膏やパッチで隠したり、またあらかじめ虫対策をしておくことをオススメします。

物をきれいに保管する方法

ものをきれいに保管するにはどうすればいいのか。

保管しておいたものを取り出した時、原因不明のべたつきがあったり…すっかりざらざらになっていたり、埃の影響で薄黒くなっていたり…。

どんなものであれ所有物が汚くなるのは気持ちよくありませんし、また買取に出すとなると保管状態が悪い場合、買取価格が下がってしまいます。

保管にはコツがある

物をきれいに保管するためには、まず保管する場所に注意しましょう。大量に埃がある場所、風通しの悪い場所、湿度が高い場所、これらはNGです。

ただ風通しに関してはクローゼットなどの場合、定期的に換気すれば問題ありません。埃も掃除機で吸いとってあげればきれいさっぱりなくなります。

一番難しいのは湿度が高い場所、ですね。どうしても湿度が高くなってしまうのであれば除湿剤などを使うとよいでしょう。

それから保管する際には表面に付着している埃を拭きとって下さい。

埃はすべてを劣化させます。埃が付着したままですと汚れがとれなくなったり、べたついたりしますので、しっかりと除去してから保管をすること。

また、輪ゴムなど経年化により劣化するものは保管に使わないようにするのもポイント。

特に輪ゴムは劣化することでべったりとくっついてしまうので注意が必要です。